戸田東中・喜沢中・戸田中・戸田東小・戸田第一小・戸田第二小・戸田南小の皆さんへ

個別指導の学習塾 セルモ戸田本部教室へようこそ

 

セルモ戸田本部教室では、各自に最適の学習カリキュラムを作成し、自立学習を通して、確かな学力を育んでいきます。

 

教室内は私語がなく、初めて見た方は驚くほど、静かで集中できる学習空間となっています。

 

自学自習ができ、自立した子どもたちを育成するのがセルモの願いです。

 

面倒見の良さは、地域一番。そう自信を持って言うことができる個別指導塾です。

塾長日記 ~日々のつぶやき~

2016年

5月

24日

蕨市PR大使

蕨市PR大使に将棋の女流棋士中井広恵さんが就任しました。

 

中井さんは、現在3人しかいない、女流名人を通算5期以上獲得した「クイーン名人」の称号を持っていますが、蕨市には20年間住んでいるそうです。毎年小学生将棋大会でも指導されてきましたが、これからはますます市の情報発信をされていくことと思います。

2016年

5月

23日

電王戦

将棋のプロ棋士とコンピューターが戦う電王戦は、一昨日、昨日で行われた第2局もponanzaが山崎隆之八段に勝ち、2連勝としました。

 

ponanzaの差し回しは的確でほとんどミスはありませんでした。人間なら何十手も指せば多少のミスは出てしまうと思いますが、それをのがさずについて、どんどんリードを広げるという完璧な勝利には始終驚かされました。

 

先日の囲碁の「アルファ碁」もそうでしたが、やはりコンピューターはもうプロ棋士を超えたかと再認識させられた戦いでした。

 

ところで、このタイミングで新たなニュースが入ってきたのですが、第2期叡王戦に羽生善治名人が参加を表明したそうです。羽生名人はかつての将棋界の7つのタイトルを独占したことのあり、今なお将棋界のNo.1といって間違いない棋士です。

 

もしこの叡王戦に優勝すればの話ですが、公式の場で初めて羽生名人とソフトとの対戦が見られるかもしれません。

2016年

5月

21日

荒川土手

今私が住んで戸田市にも荒川土手はあるのですが、今日の朝日新聞のbeに取り上げられていたのは、TVドラマの「3年B組金八先生」に出てきた「荒川土手」です。

 

この番組が始まった当時、私は中学2年生、翌年の第2シリーズの時は3年生でしたので、まさに自分の身の回りで起こる出来事を描き出したようなドラマでした。

 

そのドラマで毎回初めと終わりに出てきたのが、この荒川土手の一本道で、強烈に記憶に残っています。つまり生徒たちの通学路が土手のこの道だったのですが、広々とした気持ちのいい景色でとてもうらやましかったのを覚えています。

 

こんな話をしていると、なんかその現場に行ってみたくなってきました。

2016年

5月

20日

ヘラクレス

自宅で飼っていたヘラクレスオオカブトが後食を開始しました。

 

後食(こうしょく)というのは、羽化後、しばらく成熟するのを待った後、活動を始め、初めてエサを食べ始めることです。

 

羽化から後食を始めるまでの期間は、種類や性別、温度などの飼育環境と個体差でまちまちですが、標準的には2ヶ月前後のようです。

 

我が家のヘラクレスは、3月の下旬に蛹室を自分で崩して出てきた時に初めてその成虫になった姿を見ています。正確にはいつ羽化したのかはっきりしませんが、おおよそのところ、2か月前ではないかと思います。

 

ところで、ヘラクレスオオカブトの特徴というのは、まずはその大きさで、最近小型化してきた日本のカブトムシと比べると、圧倒的なボリューム感があります。そして上の角が長く、下の角も立派です。上の角にはフサフサとした毛が生えています。背中の羽の部分は、光沢のある黄色っぽい色をしているのですが、不思議なことに湿度などの影響で日によって色が変わります。

 

また、日本のカブトムシと比べるとずいぶんと寿命が長いです。

うちのヘラクレスは孵化したのは一昨年の3月ですから、すでに2年以上たっています。そして、おそらくはこれから1年くらいは生きると思います。日本のカブトムシの寿命はは孵化してから1年くらいですから、その3倍にもなります。

 

とはいえ、飼育環境によって寿命は変わってきますから、これからも大切に育てていきたいと思います。

 

 

2016年

5月

19日

上野の国立西洋美術館

 フランス人の有名な建築家ル・コルビュジエが設計した上野国立西洋美術館がユネスコの世界文化遺産に登録されそうです。

 

 今回、ル・コルビュジエが設計した世界にある17の作品が共同で推薦を受けているのですが、日本にあるのはこの国立西洋美術館だけです。

 

 実は今までにも日本はフランスなどと協力して、長い間世界文化遺産登録を目指してきたのですが、2度にわたって登録が見送られてきました。今回は3度目の正直になりそうです。

    新開講

お問合わせはこちらへ

TEL: 048-299-4312
担当:杉本

モバイルサイトへはこちらから